ことりとの生活

セキセイインコのココちゃんとの日々のくらし日記

プロフィール

ことり

Author:ことり
名古屋市在住
セキセイインコと夫と息子の4人家族

 

ようこそ ♪

ようこそ ♪
セキセイインコ アルビノ
 ココ  女の子
2011年4月30日お迎え


オカメインコ ノーマル
 ぷう  男の子
2017年7月21日お迎え

ちゃちゃ
 ヨークシャテリア 
 チャチャ  女の子
1985年6月24日生まれ
2000年お星さまに

04101012コピー
 実家のにゃんこ 
 のん  女の子
2004年 10月保護

コロンちゃん
 実家のにゃんこ 
 コロン 女の子
2009年   保護
 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

最新記事

 

最新コメント

 

月別アーカイブ

 

カテゴリ

 

みーつけた!

 

365カレンダー

 

おすすめの本

ココちゃんの写真が載っているよ♪
 

2017. 01. 17

同じ事故を繰り返さないために (その5)

※ぴのちゃんのご家族様より同じような事故が起こらないようにブログに載せてくださいとお願いされました
どんなに気をつけていても事故は100%防げるものではありません
誰にだって起こりうるのです!
色んな危険を知っておくことで更に事故を防ぐ助けになればと思います


*******************************

病院から帰って



あまりごはんを食べてくれていない
スプーンで持って行くと少し食べてくれたそうです



キャリーに保温電球をつけてビニールのカバーを掛けてICU完成!



キャリーやケージの底のプラスチック部分を外せば 簡単バリアフリー♪
下からもフィルムヒーターで保温

この日はお薬を飲んでおねんね

*******************************

翌朝、口元にごはんを運ぶと5粒くらい食べたものの元気がない
右足は浮かせたまま

ただ最も危険な24時間を無事に乗り越えてくれました



でもこの状態でぴのママさんはお仕事に行かなくてはいけない
お父さんには「覚悟しとかないかんよ」って言われたそう

ぴのちゃんは精一杯頑張っているから それを信じてお仕事行ってきて!

もっと近くにいたらぴーちゃんみたいに預かってあげられるのに・・・
(こう言う時にもシッター制度があって近くにシッターさんがいればって思いました)



夕方になってぴのママから

「 生きてた 」  って・・・・

あまり食べてはいないようだけどおしっこと緩めのうんさん1個を確認して一緒にε-(´∀`*)ホッ

右足の血流が悪いのか冷たくて丸まっている
まだキャリーでジッとしたまま目を閉じている




少しでも口にして欲しくてリンゴの擦りおろし 
ぴのちゃんママ、ナイス!

保温を強化して様子を見ることに
頑張れぴのちゃん!


※同じような事故が二度と起きないようにと言っても、見聞きするのも辛いと言う方もいるかも知れません
ぴのちゃんのママさんも思い出すのも辛かったと思います
それでも再発防止に協力してくださいました
無理のない範囲で、どうぞお付き合いください





今日もありがあとう 

応援のポチッとよろしくお願いします 

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 闘病生活へ
にほんブログ村


こちらも参加してます  ポチッとね!






スポンサーサイト

COMMENT▼

ぴのちゃん

ぴのちゃん、病院から帰っても具合悪かったんですね。
打撲したところが痛かったのかな。
ぴのちゃんを置いてお仕事に行かなくちゃいけなかったママの気持ち…涙です😢

ココちゃんもだと思うんですけど、ぴのちゃんも小さいキャリーにお利口に入ってくれてますね。
マロンは絶対嫌がって言うこと聞きません。
床生活をいつもすすめられているけれど、長年愛用のボロボロケージに止まり木がないと、何時間でも張り付いて抗議します😩
それでも最近はケージの下を外して床暖房に直置きに、止まり木も床スレスレに!本当に頑固おじいインコさんです。

私もことりさんをとっても頼りにしています。
話を聞いてもらうと気が晴れます。
いつもありがとうございます!

No title

ぴのちゃんママは後ろ髪ひかれる思いで
仕事へ出掛けなきゃ行けなかったはずだね

単なる打撲だけなら日にち薬で
よくなっていくだろうけど
内臓となると見えないし分からないし
心配だよね

自分からご飯食べてくれるように
なるまでは安心できないけど
ぴのちゃん自身頑張ってるし
ママの懸命な看護で元気になってるはずと
信じたいです

Re: ぴのちゃん

マロンさんへ

こんばんは~(*´▽`*)

もうダメだってみんなそう思っていたみたい
家族があきらめちゃダメよね
鳥さんは最後まで必死に頑張っているからさ
信じてあげないと
とは言え、心配で心配で仕方ないよね
そんな中、置いていくなんて仕事にも集中できなかったこでしょう

この時はぴのちゃんも抵抗できないくらい弱っていたんですよ
マロンちゃんはまだまだ元気ということです、当たり前だけど
ココちゃんは長く慣らして来たからだよ~
前は本当にキャリー見せると飛んで逃げて大変でした💦
ぴのちゃんも少し元気が出て来たらいつものケージに行きたいとアピールがはじまり
先生に相談するもICUから出るのは早いと許可下りず(笑)

その子その子のスタイルがあるからマロンちゃんが慣れた環境がいいと言うなら
それを尊重して工夫してあげるのが正解なのだと思います
返ってストレスになったらダメだもん

鳥友って強い絆だよね~す・て・き❤

Re: No title

ぴーよこさんへ

こんばんは~(*´▽`*)

どんな思いでお留守番させたか・・・
「生きてた~」てメールとうんちしてたことにどれだけ喜んだか(笑)
しばらく毎朝、通勤電車の中からうんさんの数や様子を報告してくれてて
「7時半の女です」ってやってました(笑)

食べてくれないって本当に見ていて辛いものですね
リンゴの擦りおろしはいいエネルギー補給になってくれたと思います

食事制限しているココちゃんなんかは食への執着が強いけどこう言う時どうなるんだろう
食べてくれるのかな

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

カウンター

 

ありがとうございます

現在の閲覧者数:
 

order made shop

ようこそ ♪
 ことりとの生活 
 order made shop
 手作り商品販売中♪
 

☆ 応援してね ☆

 

にほんブログ村 ♪

更新の励みになります
ポチっとお願いします!
応援!ありがとうございます☆
 

 参加してます ☆

 

リンク

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

検索フォーム

 

Twitterやってます

 

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)