2017_01
16
(Mon)09:00

同じ事故を繰り返さないために (その4) 

※ぴのちゃんのご家族様より同じような事故が起こらないようにブログに載せてくださいとお願いされました
どんなに気をつけていても事故は100%防げるものではありません
誰にだって起こりうるのです!
色んな危険を知っておくことで更に事故を防ぐ助けになればと思います


*******************************

先週からの続き
ぴのママとぴのちゃんを駅で拾って小鳥の診療所へGO!

診療所へ着いて直ぐに先生に
「冷蔵庫に挟まれちゃったんです!」
(診察中だった鳥さん、飼い主さんごめんなさい!)

先生直ぐに出てきてくださって応急処置をしてくださいました
血圧のお薬を飲ませたか打ったか、あまりに早くて覚えていません
そして保温電球をつけて順番が来るまで診察室でぴのちゃんを待たせてくださいました

ぴのちゃんママさんはまだまだ心配だったでしょうけど
私は先生に見せて内心ホッとしていました
だって本当に素早く対応してくださったんです、迷いもなく

そして診察

詳しく事の経緯を話、動物病院でのレントゲン写真を見せたり

先生はぴのちゃんの羽を水で濡らして地肌を確認
痛がってる右側を確認すると私の目に分かるほど大きなあざが出来ていました
500円玉くらいかな

先生の診たてでは骨、関節、肺に異常なし
右足に打撲、あざあり
内臓としては腎臓が心配とのこと

腎臓に異常がある場合、足のふらつき、体重減少、血便、血尿など
(この時の検査では血便も血尿もなし)

ただし、この後24時間は何が起こるか分からないので安静にして保温すること
食べれているか体重を見ていくこと

動物病院で頂いたお薬をお見せすると
「少し強すぎますので止めておきましょう」と、代わりに
抗生物質と消炎剤、苦い抗生物質用に甘~いシロップを処方してくださいました



お薬の作り方を説明してくださり、保定方法とお薬の飲ませ方を教えてもらいました

※以前、先生の手元の写真をお見せした時「男性ですか?」と言われたのですが女性ですよ~



そして診察終了、駅まで送ってお別れ
ぴのちゃんママ、ぴのちゃん頑張るんだよ~


*******************************

この後、何が起こるか分からない不安な24時間
次回へ続く


※同じような事故が二度と起きないようにと言っても、見聞きするのも辛いと言う方もいるかも知れません
ぴのちゃんのママさんも思い出すのも辛かったと思います
それでも再発防止に協力してくださいました
無理のない範囲で、どうぞお付き合いください





今日もありがあとう 

応援のポチッとよろしくお願いします 

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 闘病生活へ
にほんブログ村


こちらも参加してます  ポチッとね!






スポンサーサイト

8 Comments

おけい♪  

(○´∀`)ノ゙こんにちゎ★

取りあえず信頼できる先生に診てもらえてε-(´∀`*)ホッですね。
骨が折れたりしてなくて良かった。

打撲だけなら時間が経てば治るけど小さな体に
大きなあざは、ちょっと辛いね、痛かっただろうに…

うちのサーヤが冷蔵庫に挟まれ病院へ行った時
あざも無く、そこまで強くなかったのかもしれません。
でも誰しもが起こり得る事だから、これからも気を付けたいですね。

折角健康で生まれて元気に育った子だもの
怪我をさせては申し訳ないですよね。
でもきっと治るね腎臓の方が少し気になるけど
たぶんお薬で治りそう

チョットホッとしました(v´∀`)

2017/01/16 (Mon) 13:25 | REPLY |   

ぴーよこ  

No title

到着すると小走りで入り
あの狭い受付が若干騒然としたような
感じを想像しちゃいました

打撲だったのですね
骨折だとギプスしてぴのちゃんにも
負担だったね
腎臓・・・は圧迫によって?
保温は一番のお薬ですからね

保定や薬の飲み方も教えて頂いたなら
ぴのちゃん上手に飲んでくれたかな?

2017/01/16 (Mon) 14:11 | REPLY |   

マロン  

ドキドキ

こんにちは。雪はとけたけど今日も寒いですね〜
ぴのちゃんのお話、金曜日から気になってドキドキしていました。
ことりさん、いいところ?読んでる人がどーなったんだろ〜って気になるところで、つづき…にしちゃうから‼︎スゴイ‼︎

ぴのちゃん、先生に診てもらえて良かったです。
そして、ことりさんの様な頼もしい方に付き添ってもらえて、ぴのちゃんママもきっと心強かったと思います。
腎臓も大丈夫だったと信じています。
おとなしく先生の手の中にいるぴのちゃん、痛みも引いて元気になっていますように。

2017/01/16 (Mon) 15:46 | REPLY |   

ことり  

Re: (○´∀`)ノ゙こんにちゎ★

おけいさんへ

こんにちは~(*´▽`*)

私としてはやはり気の知れた先生に見て頂いて安心しました
冷蔵庫の扉は緩やかに閉まったそうで骨折に至らず本当に良かったです

まあぴのちゃんたら毛がふさふさで丁寧に何度もお水をつけて確認されてました
ココちゃんだったら毛が少ないからもっと楽・・・( *´艸`)って言ったら先生、笑ってたよ

地肌の確認で何処を強く打ったか分かりました
その位置で内臓の何処に影響が出るかと推測できるようです

サーヤちゃんは本当に軽かったんですね、良かったね

自分の不注意で怪我をさせる、迷子にさせるほど苦しいことは無いでしょう

一気に書き切るのも重いので刻み刻みでごめんねさいね
もう少しお付き合いを・・・

2017/01/16 (Mon) 16:33 | REPLY |   

ことり  

Re: No title

ぴーよこさんへ

こんにちは~(*´▽`*)

病院を知っているだけにリアルに想像できちゃうでしょ~(∀`*ゞ)エヘヘ
まだ若干空いている方で良かった
でもあの時、多分診察中だったんだよね
いや、終わったところだったかなって本当に曖昧💦
流石に診察中に声かけるほど失礼じゃないよね、私??

ちょうどあざのある個所が腎臓の位置と言う訳です
腎臓に衝撃があったと言う事

保温が一番のお薬!
これって意外と知らない人が多い
人間だと想像つかないですもんね

一に保温、二にも保温!兎に角保温!(笑)

先生が見本を見せて下さった時はぴのちゃんまだ足が痛くて
声も出せないくらい大人しくて上手にお薬飲んでましたよ

私はまだ、こうやって正しい投薬したことありません
なるべくやらずに過ごしていきたいものですね

2017/01/16 (Mon) 16:43 | REPLY |   

ことり  

Re: ドキドキ

マロンさんへ

こんにちは~(*´▽`*)

寒いよ~~~~
お買い物に出かけたけど車の表示部に低温注意!って出てました
四日市辺りがすごい大雪でヤバいそうですね

あはははは~
いいところで、続きになってましたか~(笑)
一気に書き切る腕前もなくて ダラダラ書くと読みにくいし…
てな感じで区切りよく書いていたらこんな感じになりました

マロンさんもいつでも言ってね
鳥飼さんはまだまだ孤独になりやすいからいつでも寄り添える人でありたいと思います
何ができるわけではありませんが・・・
そして私もいつSOSを出すかもしれません、その時はよろしくお願いいたします<(_ _)>

先生の手の中のぴのちゃんお利口さん
お薬を保定してあげると手が嫌いになる子もいるから
こうやってタオルを使ったりとアドバイスくださってお家でもタオルで実施
タオル=お薬=嫌!ってなったそうです

2017/01/16 (Mon) 17:58 | REPLY |   

しおん  

No title

なんでもなかった…訳じゃないんですね💦。
そこが鳥も診られる病院と違うところか。私も近くの病院は犬猫病院なので、違う病院2ヶ所候補に入れてるんだけどね。

先生女性ですよね(*^▽^*)。でも頼れる男性の様な先生ですよね
(どういう意味って感じもするけど)

2017/01/16 (Mon) 21:57 | REPLY |   

ことり  

Re: No title

しおんさんへ

こんにちは~(*´▽`*)
毎日寒いですね~

必ずしも鳥の専門医が近くにある訳でもないですし専門医でも完ぺきではないでしょうから
信頼できるかどうかでしょう

実家の犬猫ちゃんの先生は男性でしたが女性の先生は細かい所にも気がついてくださるし
家庭内のことにも理解が深いような気がします
連れて来る方も女性が多いので話しやすかも
ただまだ小さい子どもを育てながら獣医をされているママさん獣医さんもいたり
女性は大変ですよね~

2017/01/17 (Tue) 12:02 | REPLY |   

Leave a comment