ことりとの生活

セキセイインコのココちゃんとの日々のくらし日記

プロフィール

ことり

Author:ことり
名古屋市在住
セキセイインコと夫と息子の4人家族

 

ようこそ ♪

ようこそ ♪
セキセイインコ アルビノ
 ココ  女の子
2011年4月30日お迎え


オカメインコ ノーマル
 ぷう  男の子
2017年7月21日お迎え

ちゃちゃ
 ヨークシャテリア 
 チャチャ  女の子
1985年6月24日生まれ
2000年お星さまに

04101012コピー
 実家のにゃんこ 
 のん  女の子
2004年 10月保護

コロンちゃん
 実家のにゃんこ 
 コロン 女の子
2009年   保護
 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

最新記事

 

最新コメント

 

月別アーカイブ

 

カテゴリ

 

みーつけた!

 

365カレンダー

 

おすすめの本

ココちゃんの写真が載っているよ♪
 

2017. 01. 12

同じ事故を繰り返さないために (その2)

※ぴのちゃんのご家族様より同じような事故が起こらないようにブログに載せてくださいとお願いされました
どんなに気をつけていても事故は100%防げるものではありません
誰にだって起こりうるのです!
色んな危険を知っておくことで更に事故を防ぐ助けになればと思います
(ぴのちゃんのママさんはショップのお客様)


*******************************


事故直後のお写真 ↓↓
右足を浮かせています




*******************************

昨日からの続き

前もって電話連絡し、朝一番で近くの動物病院へ
直ぐにレントゲンを撮って頂く









結果としては・・・

 「骨折はしていない」

ぴのママ「内臓は?」

 「鳥はよく分からない」

ぴのママ「仕事があるので午後から預かってもらえませんか?」

 「お薬を渡します、入院の必要はありません」


鳥 「も」 診られる動物病院 をあまり信用していない私、この話を聞いてモヤモヤ~
と、言うか誰しもモヤモヤ?!

*******************************


ココちゃんをお迎えして直ぐネットで調べた鳥も診られる動物病院へ
初めての健診で何でかお説教
知識をバンバンぶつけてくる系の先生でノックアウト 二度と行きませんでした(笑)

その次は毛引きになった頃に近所の鳥も診られる動物病院へ
とても優しい先生でしたが数回通ううちに知識不足を感じ・・・

その後、お隣のぴーちゃんのお母さんに鳥専門の今の病院を紹介してもらったんです
それからはずっと小鳥の診療所!

バードライフアドバイザー3級の講座でもお話しがありましたが
 「を」 診られる病院 (信頼できる病院)を見つけることの大切さ

今回のこのやり取りを聞いていても信頼できるものではありません
骨折以外には何も分からないって・・・
ただ正直に言ってくださるだけいいです
特に経験もないのにバンバン治療される方が怖いですからね


さてどうする?

次回へ続く


※同じような事故が二度と起きないようにと言っても、見聞きするのも辛いと言う方もいるかも知れません
ぴのちゃんのママさんも思い出すのも辛かったと思います
それでも再発防止に協力してくださいました
無理のない範囲で、どうぞお付き合いください





今日もありがあとう 

応援のポチッとよろしくお願いします 

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 闘病生活へ
にほんブログ村


こちらも参加してます  ポチッとね!







スポンサーサイト

COMMENT▼

No title

インコちゃん(名前はなんだ?)大丈夫そうですね。

合う病院探しはムズカシイですよね。リオちゃんは犬猫病院で診て
もらったんだけど、スタッフが親切で丁寧で良かった。ただ犬猫が主だから限界あるかも。
ただしおんが通ってた病院だと検査やら注射などでやたらとお金がかかって、大金がかかっちゃったから難しいところだわ(^^;。

私もまだ話してない事故やら病気にさせちゃった事とかあるなあ。

No title

「も」と「を」では大きく変わってきますよね
犬猫メインでやってても鳥をしっかり診て頂ける
病院もあるので一概には言えませんが
私も「も」はほとんど信頼してません
だってノンちゃん診せた時 酷かったもん(-_-;)

いつになったら小鳥の病院は増えるのかしら?

なにがあったのかと思ったら冷蔵庫に挟まれたのですね😭

冷蔵庫ってすごい力で閉まりますよね😭なんてかわいそうに…胸が痛いです😭気嚢の破裂とかはなかったのかな…あったら呼吸が苦しいからレントゲン撮れているということは大丈夫だったのかな…でも内臓になにもないとも思えない姿勢ですよね😭
こういうことは誰にでも起こりうるかもしれない事故ですよね…本当に気をつけないと肝に命じないとならないですね😭

かくいう家も11月に父が事務所に持ち込んだ灯油缶から灯油が1週間に渡ってがずっと漏れ出ている状態になっててレモンちゃんがそれで気嚢炎になったかもしれないんです😭
そして昨晩は母親が鍋に火をかけっぱなしにしてそのままリビングで寝て部屋中すごいニオイで真っ白になっているのを私が発見してパニックになりました。リビングとは廊下隔てて隣どうしでドアの開け閉めですごいニオイのガスが入ってきてしまって換気に必死になってました😨とりわけレモンちゃんがすごく心配で、朝までほとんど寝れませんでした。

こんな思ってもない事故って起こるんですよね、どうやって起きないように未然に防げるかですよね…

Re: No title

しおんさんへ

こんばんは~(*´▽`*)

かわいい和菓子作られてましたね♪

小鳥専門医なんて何処にでもあるわけでは無いし、そうじゃないとダメと言うことではなく
やはりどれだけ信頼できるかですよね!
信頼できるかかりつけ医を見つけておくことは大切だと思います

本当に誰にでもヒヤリハッとありますよね
どんな危険があるか少しでも知っておくと予防になります

Re: No title

ぴーよこさんへ

こんばんは~(*´▽`*)

「も」と「を」違いますよね
先生を信頼できるか
小鳥専門医でも信頼できなければ意味がありません

ビミョーに増えつつあるけど まだまだ

正直私、最初から小鳥の診療所の先生を全面的に信頼していたわけではありません
そんなに簡単に信頼できるものではないですよね
長く付き合ってお互いを知って・・・ですね
でも選べるほど病院がある訳でもないから 疑ってばかりじゃなく信じてついて行く気持ちも大切かなっと思いました

その為にも定期健診はおススメです

Re: タイトルなし

ゆうさんへ

こんばんは~(*´▽`*)

色んな事故があります
なかなか想像もつかない危険があるものですね
知ることで予防が出来ますよね

灯油にお鍋の空焚き!
ゆうさん、大変でしたね
火事にならず良かったです
本当に色んな危険があるんですね

レモンちゃん少し体重が増えてきたんですね
良かった~
もっともっと体重が増えてくれるといいですね

(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

冷蔵庫結構ありそうなことです。
私も、サーヤを冷蔵庫に挟めてしまった経験者

その時は、病院に電話して、症状を言って、
一日様子を見てから次の日に連れて行きました。

細かく電話でお話を聞いてもらい、その結果
動かさない方が良いという事で、次の日になったのです。
もちろん横浜小鳥の病院です。

病院は、信頼できるところでないと、鳥さんが可哀想
大して知識がないと思ったらやめるべきでしょうね。
私は遠くても、やはり信頼できる先生の居る病院を選びましたよ。

安心して帰ってこれる病院は心も直してくれますからね。

Re: (* ^-^)ノこんばんわぁ♪

おけいさんへ

こんにちは~(*´▽`*)
ギブスなのにありがとう❤

冷蔵庫から美味しいものが出て来るって知っている子には要注意ですね

サーヤちゃんも挟まった経験者でしたか
おけいさんと先生との間に信頼関係があるからこそ翌日でいいですと判断できるのでしょう
直ぐに築けるものではないですよね、相性も勿論あるし

いざと言う時の為に健康診断も兼ねて探しておくことは大切ですね

その通りです!
心も直してくださいますね(^^♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム | 

カウンター

 

ありがとうございます

現在の閲覧者数:
 

order made shop

ようこそ ♪
 ことりとの生活 
 order made shop
 手作り商品販売中♪
 

☆ 応援してね ☆

 

にほんブログ村 ♪

更新の励みになります
ポチっとお願いします!
応援!ありがとうございます☆
 

 参加してます ☆

 

リンク

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

検索フォーム

 

Twitterやってます

 

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)